日本の自動車メーカー国内生産

考え直さなければいけない段階

日本の自動車メーカーは国内生産をどうするのか、もう一度考え直さなければいけない段階に入ってきているようですね。

 

自動車の評価がなされる時、まず最初に注目されるのは車両価格ですよね。マーチは100万円弱から150万円弱まであります。最量販車と考えているのは120万円ほどのグレードです。

 

マイナーチェンジを少し前に終えたばかりのホンダ・フィット、そしてマツダ・デミオなどでも、このあたりの価格ならきっちりと揃えてきていて競合車種がたくさんいる。100万円少々のクルマなら、どこのディーラーへ行っても5万円や6万円のおまけは当たり前という状況ですよね。

 

競合他社はスズキがつくってるクルマもそうだし、三菱がつくってる軽自動車など、あらゆるコンパクトカーが入ってくるということになります。そのような厳しい状況の中でマーチが優位に立てるものといえばアイドルストップだと言う意見があります。

 

その完成度、そして装備で割り込める余地があるかどうかというのが重要な点だと言われています。どんなクルマにもこの評価軸は例外なく適用するのですが、とくに小さなクルマはシビアになるようですね。

 

 

 

日本の自動車メーカーは国内生産をどうするのか記事一覧