色んなグレードがあるマーチ

割り切り

日本の自動車市場では、色んなグレードがあるマーチの中で、下から2番目の120万円がもっとも売れているらしいですね。

 

その理由はアイドルストップが評価されていることなんじゃないかという指摘があります。でも、マーケットが無限に広がる中国やインド、アジア諸国などでは50万円で十分だという人がほとんどのはずですよね。むしろ80万円ですら高級車という感じなのかもしれません。

 

このクルマの価格に対する評価軸の変換を日本の自動車メーカーはもっと真剣に考えなければ、これからの世界ではやっていけないのではないでしょうか。メイドインジャパンが高品質という存在感を示すことはもちろん最低限の使命なのでしょうが、そのうえで割り切りを行い、格安にどこまでつくり込めるか、という視点を重視して考えていかなければならないのではないでしょうか。

 

これからのコンパクトカーは、日本市場や先進国だけでなく、新興市場への投入が前提となるのは誰の目から見ても明らかですからね。軽自動車にまで、まるでクラウンのような装備が与えられるのが当たり前という感覚はすでに古いという事を理解しなければならないのでしょう。