日産自動車

車は楽しいもの

「汎用品を組み合わせた車と比べて、コストは変わらず性能はいい」という世界を日産が作れるかどうかが鍵だと思います。「この車は性能が良いのだから300万円の価値がある。向こうの車は150万円だが技術も性能も劣る」といった、メーカー側の理論を押し付けていると、いずれ市場から駆逐されていくと思っています。

 

日産としては、常に「車は楽しいもの」と考えています。安全で、環境にも優しいという基本要件を備えた上で、「楽しい車」を作ることに常にチャレンジしています。その中で様々な進化が起こります。全体の中の一部には「進化があまり見込めないので汎用品を採用する」ことは出てくると思いますが、汎用品を組み合わせて車を作り続けられるほど、車は単純化できるものではないと思います。低燃費エンジンや電動パワートレーンなどの環境技術も、自社開発にこだわって車全体の進化につなげていく重要な要素だと思いますが、日産あるいはルノー日産という範囲を超え、自社で磨いた環境技術を他の完成車メーカーにも使ってもらうということはあり得るのか。そのような広がりは当然出てくると思います。