日産自動車

低価格対応や電動化への対応

従来の車については、共有範囲を広げて開発工数やコストを下げるなど、資源の有効活用を進めながら、今後拡大してくるテーマである低価格対応や、電動化に経営資源を振り向けていくことになります。開発テーマが広がる一方で、資金や人的リソースをどのように有効活用していくかという観点で、既存領域の効率化が重要になります。同じエンジンで世界市場の大半を占める先進側を中心に事業を展開していた時代から、様々な市場に対し、多様なパワートレーンを搭載した多くの製品を投入していくには、効率的な資源配分が不可欠です。製品レベルでは幅広く市場をカバーして規模を確保しつつ、部品やシステムのレベルでは選択や集中を考えていかなければならないのです。日産としては、環境負荷軽減技術については自社開発にこだわります。地球環境を考えると、自動車産業は強力な環境技術なくして未来を語れない時代に来ています。環境性能を左右するような、エンジンや変速機、あるいは車体の軽量化などは、従来に増して重要性が高まってくるため、社内での取り組みを強化していきます。